ガンになったら〜鳥越さんは奇跡の人?

徒然なるままに comments(0) - 行政書士なら板宿の松っちゃん

 

  あなたは、自分がガンに罹ったときのことを考えたことがありますか?

  現在闘病中の人には申し訳ないのですが、治療に納得していますか?

 

  「俺はガン家系ではないので心配ない」と言っていた友人の弟にガンが見

  つかったと聞いてから、何か月も経たないうちに訃報が届きました。

 

  その友人は、自分の今後のことも考え併せて落ち込むこと甚だしく、私が

  従来から指摘していた総合治療の重要性を知り、現在勉強中とのこと…

 

  ガン克服者として、都知事選で元気一杯に振る舞っている鳥越さんについ

  て、例の?近藤誠医師に言わせれば「鳥越さんの治癒は奇跡」とのこと〜

 

 

  国民の2人に1人がガンになる、という恐怖心をあおるアバウトな忠告?

  が独り歩きしている感がありますが、注意するに越したことはない〜

 

  ガンは検診を受けて初めて見つかる以上は注意の仕様がない、と言う人も

  いますが、必ずしもそうではありません。医師ではムリかも知れないが…

 

  と言うのも、西洋医学には予防医学の観点が欠如しているため、典型例と

  して特徴的なのが、医師がガンになった途端に代替医療を必死に勉強し

  食事療法をはじめとする非西洋医学で自己治療しようとすること!

 

  ガンの遺伝性はそれほど高くはないと多くの医師は強調するが、実際に親

  をガンで亡くした方にとっては他人事ではなく、真剣な問題なのです〜

 

  と言うのも、生活習慣病という名前で呼ばれている病気が、実は遺伝的要

  因が強いということを多くの人が知っているから。私もいずれ発症すると

  覚悟していた病気が、案の定、中年期以降に発現したものですから。

 

  話を戻すと、ガンを発症前に追い払う術はあるはずです。ガン治療の情報

  ばかりが氾濫していますが、ガンにならないための本等も出ていますよ。

 

  ガン体質であろうがなかろうが、こんな物に怯えながら生きるくらいなら

  ストイックになり過ぎず(ストレスが最大の敵)、健康的に過ごしたい〜

 

  その上で、もし何らかの形で自分にガンが見つかった場合には、予め学ん

  でおいた(決めていた)治療法を再確認の上、適用すればよいのです

 

  そのためには、それこそ命がけで勉強してください。何はともあれ自分の

  命にかかわることですから。医者任せという安直さだけは絶対NGです!

 

  これは私の真剣な思いなのですが、鳥越さんの見解とは少し違います。

 

  鳥越さんはご自身の体験から、ガンの早期検診、早期治療を強く訴えられ

  ていますが、私にとって、果たしてどうなのかなという疑問があり〜

 

  と言うのも、ガンの死亡者数が減っていないという指摘があるからです。

  これは、ガンを早期に発見できれば治る時代になったと医者が述べ、それ

  を皆が信じて、特にガンが完治した元患者が喧伝するためでしょう。

 

  早期発見・早期治癒の前提として「転移がないこと」が前提だとする医師

  の話があるが、これはまさしくガン放置治療法の近藤医師と同見解です。

 

  近藤医師は、何か所にもガンが転移したが完治した鳥越さんの場合は奇跡

  だと言うが、西洋医学的には奇跡かもしれないが、各人の免疫力等を総合

  的に勘案すれば、人間の命を数値的に判断する西洋医学はもう限界…!

 

  単にマニュアル治療のみを行い、余命宣告という非人道的行為を行うよう

  な医師だけは絶対に避けてください。ともに歩める名医も必ずいるハズ!

 

  鳥越さんの話のついでに一言 〜  直接関係のない都知事選ですが、こんな

  茶番の選挙をやって何になるの? 民心はとっくに離れていますよ…

コメント一覧
コメントする