今後は幾つもの業種を兼務しないと…!?

徒然なるままに comments(0) - 行政書士なら板宿の松っちゃん
  大災害の被災者にはできる限りの支援を行う一方で、日本(人)全体が暗
  くなってしまっては、国全体の活気が失せてしまいますよね
〜  阪神・淡
  路大震災の経験者として、日本人の活気及び盛り上がりに期待したい…

  
今回は、日本の景気停滞が長引く中、如何にしたらこの難局を乗り越えら
  れるのかについて、一商売人として?考えてみたいと思います。


  私たち士業者のみならず、これから起業しようとする人、及び退職後等に
  何らかの事業主を目指している方にとっては切実な問題でしょうね。


  今や私たち行政書士も、一昔前の代書屋から大きく飛躍して?、弁護士さ
  んとも競業する業務をやっている人も多く、私もホームページ上では、契
  約、相続、成年後見等の民事専門行政書士を名乗っています。

  ただ現実には、車庫証明をはじめとする官公庁への申請依頼も多く、
何で
  も屋なのですが、それでも、書士業1本で生計が経つほど甘くはない…!


  自己啓発本を多数出している方が、「何故あなたは下駄屋にこだわってい
  るの? 靴でもスリッパでも何でも売る履物屋にすれば? 店があるなら
  宅配便の取次店もできるよ!」と述べていましたが、どう思いますか?

  私は、肝臓に効くと言われたウコン茶を飲んでいた時期がありますが、包
  装箱には「製造元:○○造船」の文字が 〜  これには驚きましたね。

  大手企業と言えども、生き残りのためには必死なんですね。
身軽に行動で
  きる私たち個人事業主は一体何を考え、何をやっとるのか…!


  先ほど書いたように、1士業かつ狭い分野だけを扱っていたら、士業なん
  て成り立たないし、閉店ガラガラもついそこに迫っていますよ。

  私たちの分野でいえば、
ただでさえ士業者間の競争が激化する一方で、資
  格試験の難易度がかなり高まってきているようです


  
行政書士試験は、短期間の勉強で受かる代表格のように言われた時期もあっ
  たが、今では1桁台、年によっては2%台の合格率という年も〜

  私も時勢がら、
社労士の資格もとっておこうかなと思い、試験の実態をネッ
  ト検索したところ、
昨年度の合格率が何と2.6% 〜  ギャァー! 今から
  勉強して、こんな化け物みたいな試験に立ち向かえるのか…!

  士業者に限って言えば、やはり複数の独立開業系の資格を複数有していた方
  がいいみたいです。やり方にもよりますが、業務拡大が図れる可能性も…?

  最後に逸話を2例 〜 
仝縮鬚妊丱螢丱蠅隼纏をこなす80歳代後半の男性
  税理士さん、■牽虻个了に宅建資格を取得して今や年間売上○億円を稼ぐ
  80歳台半ばの女性
〜  このような凄まじい生き方も参考にしてください。
コメント一覧
コメントする