ブログの継続は苦痛ですか?

徒然なるままに comments(0) - 行政書士なら板宿の松っちゃん

  少々事情があって、横になりながらタブレットでブログを書いています。
  スマホでは小さすぎるし、かと言ってタブレットは重い(肩が…)〜

  さて
半月ぶりにブログの更新を行うと、「ああ、やっぱり日常的なブログ
  の更新はシンドイんやなぁー」と思われる方も多いことでしょう
が、

  必ずしもそうではなく、最近はブログの意味とか、あり方etc.…について
  考えるところがあり、
「ブログについて書かれた本を読みながら、ブログ
  を続けることの意義を模索する」今日このごろ
なのであります。

  フェイスブックについては、やめたら幸せになったいう報道がなされまし
  たが、
あなたは果たしてブログを続けることになんら疑義を感じない…?

  フェイスブック(FB)を1週間やめるだけで、人々の感じる幸福度はUP
  する
〜  このような調査結果がデンマーク発で公開されましたよね。

  
デンマークではFBが国民的なSNSとして浸透しており、調査対象者の
  94%が毎日チェックし、78%が毎日30分以上閲覧しており、さらに
  69%の人が日常的に写真などを投稿しているという結果が出ている。

  
実験では、被験者を2つのグループに分け、片方のグループだけにFBの
  利用を1週間中止させた。すると、
FBをやめたグループの方が、使い続
  けたグループよりも「幸福度」が7ポイント上回る結果
になった。

  
この他、FBユーザの55%がストレスを感じており、3人に1人は評価
  の高い人の投稿に嫉妬を感じている等、ショッキングな結果が明らかに…


  これはデンマークでの調査ではあるが、日本でも程度の差はあれ、いや、
  それ以上に
日本におけるSNSのストレスは大きいのではないかな…?

  FBの本質にかかるものであるのかも知れないが、友人の輪とか絆の名の
  下に始めたものの、煩わしくてやめてしまった知人も多いし、アカウント
  のみ取得したままで放置している人も周囲には多いですね 〜  その原因と
  しては、
「疲れる、もうエエわ…」という意見が多いように思われます。

  各種SNSが増殖を続ける中、LINEの義務的なやり取りに疲れて命を
  落とす若者まで 〜  こうなってくると何のためのネットワークなのか?

  それに比べてブログは一方的な情報発信なので(読者との交流は多少あっ
  たたしても)、他人への返信などの煩わしい対応からは無縁ではある。

  テーマに戻るが、
なぜ人によっては毎日ブログを更新するの? ランキン
  グ上位はペット記事が多いが、写真を毎日更新して自分で楽しむため?

  ブログは日記だから毎日書くのは当然、という意味不明な?見解もあるが、
  商品なり日替わり定食の内容を伝えるための商売用ブログは別として、一
  般人の扱うブログ記事の内容は継続しにくいものではないでしょうか〜

  一定のテーマ、方向付けはあったとしても、
いろいろと書きたいことが多
  くなってくると、当初の方向性からズレてくることもママ出てきます


  こうなると、
「本当は何が伝えたいの?」、「あえてブログで書くほどの
  コト?」、「頑張って書いてみても読んでくれている?自己満足?」…


  誰でも一度や二度は陥るジレンマなのかも知れませんが、少しずつ記事を
  更新しつつも、
この課題に対する自分なりの解答を導き出さないと…!
コメント一覧
コメントする