健康雑感〜血圧計測と降圧薬

徒然なるままに comments(0) - 行政書士なら板宿の松っちゃん

  健康法をライフワークとする行政書士?が、今回は血圧に関して、いろん
  な情報を分析したうえで、自分なりの見解を少しだけ披歴してみたい…

  
日本の高血圧者数は○千万人いると言われ、○に入る数字は4と言われて
  いるが(データによっては上回る)、高血圧の状態とは何を指すのか〜

  医学界での要治療高血圧の指標は、人間ドック学会が横槍を入れたことが
  あるように恣意的?であるが、
一応 140/90 を前提とすることに。

  数年前の調査結果によれば、
40〜74歳の人のうち男性が約 6割、女性が
  約 4 割が該当し、そのうち降圧薬服用者は、約 2 割
であるとのこと。

  高血圧に関しては、
いろんな医師が各自の見解に基づいた治療法、放置
  の勧め等の療法を盛んに闘わせている
ので、少し垣間見てみましょう〜
ランキングボタンに幸せのワンクリックを!
  高血圧は、体調不良で医療機関を受診したり、健康診断の際に指摘されて
  初めて気にする方も多いようですが、その場合は医師の言いなりに…?

  常識とされている事柄を最初から疑ってかかる私のような者は別として、
  
大半の方は、専門家から言われたことを鵜呑みに信じますよね

  1回の血圧測定値が140/90くらいでいきなり薬を処方するような医師は
  いないと思いますが、現実に存在すればアブナイ医師かも知れませんよ…

  最近、現在の高血圧基準値を批判する医師も増加傾向にあるようですが、
  大半の医療機関では、上記の基準に基づいているとみて間違いなさそう。

  と言うのも、かく言う私もそれなりの高血圧保有者で、
ドクターショッピ
  ングよろしく、駆け回ったほぼ全ての医師から降圧薬を指示された
から〜

  しばらく服用して、その後中止して3年間何もなかったが、寒い時期は数
  値が急騰することもあり、
現在は様子を見ながら頓服用に飲んでいます

  近所の循環器医は話の分かる先生、と言うより私が強引なので、「寒い時
  期だけでも服用してみて」 〜  と柔らかいアドバイスが返ってきます。

  テレビの健康番組も薬の服用に拍車をかけているフシがありますが、そも
  そも血圧の基準値が引き下げられてきた経緯に警鐘も鳴らされている〜

  
基準値が低ければ低いほど患者が増えるため、医師も製薬会社も儲かるシ
  ステムが出来ている …  これは分かりやすい警告でうなづけますね。

  血圧を基準値以下に下げないと、血管が傷つくことにより脳梗塞や心筋梗
  塞の引き金になる、というのが一般的な降圧治療の必要性のようですが


  
一方、血圧は体中の血管へ広く血液を行き渡らせるために自動調整されて
  おり、加齢(血管の硬化)に伴って血圧が上がるのは必然との反論も


  私が独自に研鑽している
漢方の本などでも、「血圧を無理に下げると血の
  滞りが生じるため、血栓が生じやすくなる」と書かれたり
しています。

  漢方や日本古来の医学はこのような理屈付けがされますが、西洋医学にお
  ける高血圧の原因の大半は本態性と言って、実は判っていないのです〜

  このため、内科医では数種類ある降圧薬の中から、無難なARBと呼ばれ
  る薬が多用されているようです。例のディオバンもARBの一種です。

  医師の見解は参考にしつつ、
副作用も大きい降圧薬を飲むかどうかは自己
  判断で決めるべき! 薬の功罪をしっかり見極めることは絶対に必要!


  免疫学の阿保徹先生は血圧の上の値が180くらいあるのに、「私の体に
  にとっては必要な値、条件である。
血圧は計らないのが一番」と言い、

  自然治癒力を重視する医師で「
血圧計は直ちに捨てなさい」とする強者も
  おり、自然医(食)学系の方々は数値や薬には拘泥されない傾向にある。

  高血圧者のデータとしては、例えば50歳以上とか、60歳以上の総計で
  は驚く程の割合になるハズ。関心のある方は各自でお調べください〜

  
ご自分のことですから、あらゆる媒体を活用して勉強・体験を重ねていか
  ないと後悔先に立たずも(「医者には任せるな」と医師も言っている!)


  最後に、1928年生まれで自然医学の権威・森下敬一医師が名著を上梓された
  ので紹介します 〜 
「血液をきれいにして病気を防ぐ、治す」(+α新書)
コメント一覧
コメントする